手術と言われた膝痛に悩むお客様

ご紹介するお客様Aさんは、歩くたびに膝が痛くなり、病院では、「もう手術しかない」と言われていた方です。

当院のことは、HPで検索して、来れられました。

今回のお話で、歩くと膝が痛くなり、病院でレントゲンや薬だけで終わってしまい、膝の痛みの原因や改善方法がわからない方のお悩み解決の参考になれば幸いです。

Aさんの特徴

・歩くと膝の内側が痛くなる

・卓球をしているが、ステップすると膝痛が走る

・病院で変形膝関節症、手術しかないと言われる

・膝痛の原因はふくらはぎの筋肉だった

 

どんなことに悩んでいたのか?

Aさんは体重をかけるだけで膝の内側に痛みがありました。

普段から会社に行くときは、坂道など駅まで歩かなければならず、そして、趣味で卓球もしていました。

ある日、突然膝が痛くなり、病院へ行くと、「変形性膝関節症」と言われ、「手術しかない」と言われてしまい、このまま歩けなくなるのではないかと不安に思われていました。

膝の痛みは薬では引かず、注射でも効果がなく、どうしたらよいのかわからなかったそうです。

原因は?

Aさんの原因は、膝の関節自体に問題があるわけではなく、足をついて地面に体重をかけた時に、太ももと膝から下(すね)がぞうきんしぼりのように捻れることが原因でした。

なぜ、捻れてしまうのかというと、太ももの一部やふくらはぎの一部が硬くなって、結果的に足ごと捻らせてしまいました。

例えば、、、原因は色々な筋肉にありますが、、、

後脛骨筋がすねを外に捻る

前脛骨筋がすねを外に捻る

外側広筋が太ももを内へ捻る

日常生活や歩き方のクセなどで、同じ動きを繰り返すことで、同じ筋肉を酷使します。そうすると、一部の筋肉だけが硬くなり捻れる→膝の痛みに繋がるのです。

どんな施術をしたのか?

施術は、足首に近い筋肉からはじめ、ふくらはぎやすねの横の筋肉、太ももやお尻の股関節に近い筋肉の調節が必要でした。

筋肉や筋膜のコリを解消する施術を行うと、筋肉が本来の柔らかさを取り戻します。

さらに、運動も加えることで、硬くなっていた筋肉に本来の使い方を思いだしてもらいました。

同時並行で、歩き方や体重のかけ方のクセを改善するための練習も行いました。

治療期間は?

治療期間は、基本的に「週に1回をまずは2ヶ月続けてください」とお伝えしています。

その間にまずは、筋肉や筋膜の柔らかさを取り戻します。施術はもちろんですが、自宅でのセルフケアを必ずやっていただきます。これがかなり重要なのです。

そこから、同時並行で行っていた体重のかけ方た歩き方のクセの練習も少しずつ身についてくる頃なので、施術の間隔を除々に空けていきます。

施術後はどうなったのか?

施術後は、膝の痛みが改善し、駅まで急いで走ることもできるようになって、卓球も楽しめているそうです。

Aさんからのコメント

「初めて、歩くのも辛いような膝の痛みがでて、困っていました。病院にいって手術が一番、でもスポーツできなくなる。と言われ、スポーツがまたできるようになりたい!という思いで治療院を探しました。たまたま整体院康さんを見つけて、ここで施術してもらってよかったです。今では、駅まで走れるし、卓球もスキーもスノボーもできます!

まとめ

Aさんは、普段の歩き方にクセがあったため、膝に痛みがでました。変形性膝関節症と診断され、手術をすすめられましたが、手術が嫌で他の改善方法を探していました。

膝の痛みの原因は、変形や軟骨のすり減りは関係なく、ふくらはぐや太ももの筋肉が硬くなっていたことでした。施術とともに自宅でできるマッサージやストレッチ方法をお伝えし、今では、痛みを改善されています。

院長からの一言

「当院では、まずは、膝の痛みの原因を探します。必ず、膝の場合は歩き方のクセなどにヒントがあります。その場だけの施術で終わってしまうと、痛みがぶり返してします可能性が高いので、あなたの体に合わせたマッサージやストレッチ、歩き方の練習までお伝えします。ぜひ、膝の痛みで悩まれている方はお越しください!」

Follow me!